図面を見ている男性

行うタイミング

女性の大工

外壁塗装をいつ行うのかが問題になります

住宅を建てることが夢だと言う人は多いものです。でも、住宅を建ててからも維持費がかかることを忘れてはいけません。ですから、いくら夢だからと言って、日々の生活が苦しくなるような無理をした住宅ローンを組んではいけないのです。 住宅を建てて、必要になってくる高額な維持費としては、外壁塗装の施工費用があげられます。一回の外壁塗装に、100万円前後の費用がかかるとも言われており、家計には大きな負担になるのです。 そして、外壁塗装をいつ行うのかが問題になります。

外壁の種類によって異なってきます

外壁塗装の考え方は、10年間隔で行うのが一般的と言われていますが、外壁の種類によって異なってきます。例えば、モルタルを使った外壁の場合は、10年間隔で外壁塗装を行っていれば良いのですが、サイディングボードの場合には、25年を過ぎた頃から、サイディングボードの張替えを検討した方が良い場合が出てきます。 また、レンガを使った外壁では、洗浄するだけで外壁塗装の必要はありません。しかし、レンガ自体が高価なことから多額な建築費用が必要になります。そして、重たいレンガを外壁に使うことから、住宅自体も強度を増して建築する必要があり、さらに費用がかかるのです。 ですから、住宅を建てる前には、どのような外壁材にするのか、十分に検討するべきなのです。

Menu